篠原景

title
title
2014.07.03

はじめまして

こんにちは。はじめまして。
小説家、篠原景と申します。

まだまだ駆け出し中の身ですが、
情報公開用に Web Site を作ってみました。

だらっと更新していきますので、
お時間のあります方、
時々お付き合いいただければ幸いです。

あっ、更新頻度は月2、3回くらいかと。
それ以上だと、「さっさと原稿の方を書け」
って叱られそうなんで(笑)


2014.07.11

新刊発売

篠原景新刊 『夜風から、夢  柏屋藍治郎密か話 』
(角川春樹事務所 時代小説文庫 2014/7/15)
夜風から、夢

早いところですと、そろそろ本屋さんに並び始めるようです。シリーズ化が決定しておりますが、元々一冊完結のつもりで書きましたので、そういうテンションでも読んでいただけるかと。

カッコイイ話を目指しましたが……どうでしょう?

本屋さんで見かけましたら、是非、お手に取ってくださいませ。


2014.07.27

『妖狐×僕SS』読了と好きな画家さん


『妖狐×僕SS』読了。終わっちゃいましたね……。これは絶対続きが気になるヤバい漫画だ!と思い、途中で読むのをやめて、ひたすら買いだめしておりましたのを、一気に読みました。振り返ると、一巻ごとにハートを掴まれるキャラが変わる感じで、もうもう、魔性の漫画でございました(笑)。……はー、充実。


突然、西洋画家で好きな画家を訊かれまして。よくよく考えればもっと思い浮かぶかもなのですが、とりあえず思い浮かんだのが、ゴッホとヴィンターハルターの二人。透明な空気感と執拗な感じが一緒になってて……なんか、好き。

ヴィンターハルター、日本では画集出てないようですね。 あの感じ、好きな人絶対多いと思うんだけどなあ……。


2014.08.04

いただいたご感想と「残響のテロル」

『夜風から、夢 柏屋藍治郎密か話』、大雑把にまとめると、「こんな展開とは」という種類の感想が、ぽつぽつ篠原の耳にも届くようになりました。「がっかりした」ではなかったようで、良かった良かった。へへへ。

この夏は「残響のテロル」の続きが気になって、気になって……で過ぎていきそうです。ストーリーも面白いけれど、細かな表現一つ一つがとても綺麗で、もう夢中。……ああ、気になる……。


2014.08.18

一瞬の思いつき

たまに植物園に行きます。バラとかアジサイのコーナーがいつも人がいて賑わっているなあ、と。ちょっとずつ違いのある物がいっぱい並んでると、人って立ち止まって、自分が好きなのはどれか考え込んだり、一緒にいる人と論じあったりしてしまうみたいです。アイドルとかは、ある程度の人数がいるグループにした方が良い、の法則と同じですね。

(それなら次に書く小説も、ちょっとずつキャラの違う男性のみ、あるいは女性のみを六人くらい、ほぼ横並びの主人公として出してみれば、様々な読者サマの心を掴めるのでは!?)と一瞬思ったけれど、似たり寄ったりの六人が一斉に喋っているのを何とか書き分ける作業を想像したら……ぞっとしたので、本当に一瞬の思いつきとなりましたとさ。


2014.08.27

故障

とあるCDに激ハマリ中で、作業が止まって今日で四日目。机には向かってる。けどいつのまにか、指がリズム取ってるわけで。寝つきも悪いし。サボってるんじゃないんだよ。机向かってるし。何とかしようとしてるし。……でも、四日目となるとなあ……。物書く仕事してて、何かに激ハマリするのって、多分、怪我。いや、確実に故障だと思う!(この短い文章すらうまくまとまらず、間に一曲聴いたしなー(笑))


2014.08.31

ちょっと雑誌紹介

musica01

今回、篠原は書いていないのですが、篠原の旧友・葛原りょうさんが主宰されている雑誌、『大衆文藝ムジカ』の宣伝を。(別に袖の下とかもらってない、自主宣伝っす(笑))

えー、ざっくりまとめると、若い作家さんたちを中心に、文芸の枠に収まらず、漫画・絵画・音楽といった様々なジャンルを横断し、表現を模索している雑誌です。プロの方々の作品と、投稿されて審査を通った作品とが一緒に載っています。

本当にいろいろな作品があって、時々「おおっ!」となるのが来る瞬間が楽しいです。あとやっぱり、全体として押し寄せて来るパワーみたいのが、うん、いいのですよ。

いろんな表現を模索しなきゃ、の時代ですな。

01号の目玉は「特集:文藝漫画家・武富健治」 葛原さんと対談していらっしゃいます。

ご興味のある方はこちらへー。
http://musica.ganriki.net/index.html




-- 本サイトからの画像・文章の無断複写及び転載を禁じます --
© 篠原景