篠原景

title
title

篠原景に対するネット上での嫌がらせについて


追記の追記(2015年6月)

前回の「追記」の書き込み以降、応援・アドバイスをくださった皆様、誠にありがとうございました!

嫌がらせが始まった当初は、警察の方も「犯罪予告とかでなければ…うーん…」状態でしたが、時代は変わりましたね。時代が変わるほど長く続いたということですが……。

とりあえず現在、嫌がらせの書き込みは止まっているようです。まだまだ警察の方も含めて対応継続中の保留案件ではありますが、一応のご報告と御礼までに。



ネット上における嫌がらせについての追記(2015年4月)

篠原景に対するネット上の嫌がらせですが、同一人物が連日私に関する根拠ない中傷を様々なSNS、掲示板等に書き込み続けてもう三年というのは、さすがに、さすがに長過ぎるだろうということ、本質的にはストーカー寄りの案件では?との指摘を受けていること、中傷の対象が名前は出ていないものの私の家族にまで拡大していることから、少々時間が取れたこともあり、ちょっと前に警察に行ってきました。(「嘘を並べ立てるにしても、この具体的過ぎる内容は一体誰の話なんだ?」というレベルの、独特の偏りある中傷内容を見るに、相手の妄想のようなものがどんどん進化して止まらなくなっている可能性を考えた結果というのもあります)

結論から言うと、立件出来るとのお話でしたので、その方向でお願いしてきました。

以下、同じ体験をしている方々の参考にもなればと思い、つらつらとこの先の見通しを。

まず、立件は出来ますが優先順位はかなり低いようです。理由の一つとしては書き込みに真実がないこと。無実のことを書かれるより本当にやったことが書かれている方が優先順位が高くなるというのは「……!?」ですが、秘密をばらされている最中とみなされて優先順位が高くなるようです。

よって立件は、私より優先度が高い案件が片付いた段階で、まだ書き込みが続いている状態であれば、私の方でも手続きを踏んで、警察がいろいろと作業にかかる形になりそうです。

嫌がらせをしている当人は、ネット上に山程足跡を残しているため、特に高いスキルがなくても、もう個人が特定出来る状態。一応手に入れたものは全部警察にお渡ししているので、動き出したら早いのかなあと思いきや、その先が長いようで……。

これは扱う警察によっても進め方が分かれるそうですが、私が行った警察署では、ネット関係の案件は被害者側に弁護士を用意してもらうそうです。刑事事件ではありますが、新しい犯罪でまだフォーマットが確立しておらず、加えて検討しなければいけない書き込みの絶対量があまりに多いために、警察官と弁護士で法解釈を話し合いながら進めて行くというやり方が、今現在の日本では広く行われているようです。

勿論、弁護士にお願いするにはお金がかかります。そのお金は、刑事事件の方が片付いたら、民事訴訟で取り返してくださいとのことでした。

正直なところ、諸手続きは気が重いですが、一応、最低限やるべきことはやっておくということで、現状のご報告とさせていただきます。

あと、同じような体験で悩まれている方には、是非とも一度、警察に足を運ばれることをお勧めします。様々な事件があったこともあり、取り締まりの基準はどんどん厳しくなっています。ちょっと前まで大目に見られていたことも、今は立件の対象になったりしています。知識等々は無駄にはなりませんから、一度は警察官の方とお話しされておくというのも、有意義なのではないかと思います。



篠原景に対するネット上での嫌がらせについて

篠原景には、書籍デビュー直後の2013年4月から、
同一人物と思われる人間(+ごく一部の便乗)により
ネット上での嫌がらせが行われています。
2013年4月から数ヶ月は、篠原景になりすまし、
篠原名義でブログ、Facebook等を開設、
また、各種質問サイト等への悪質な書き込みを繰り返し、
同年9月頃からは篠原景への根拠ない誹謗中傷(変な宗教をやっている等)を
掲示板やツイッター等において繰り返しているようです。
(「ようです」と伝聞形なのは、このような書き込みは当人は見ない方がいいという
周囲のアドヴァイスにより、篠原本人はほとんどチェックしていないためです)
篠原の委任という形で削除依頼などを行ってくださった関係者の皆様、
この場を借りて改めてお礼申し上げます。

「篠原景」で検索を行い、ご不快な思いをされた方もいらっしゃるかと存じます。
(なりすましでの偽ページのいくつかは、まだ残っているようです)
私個人としましては、本ページ以外での情報発信は、一切行っておりません。
大変心苦しいながら、どうかご注意、ご理解、お願い申し上げます。


リンク:廣済堂出版の注意喚起ページ







-- 本サイトからの画像・文章の無断複写及び転載を禁じます --
© 篠原景