篠原景

title
title

Dark Side of the Moon (ボカロ小説)

おことわり

本作品はSCL Project様の『LAST COLOR』収録曲「Dark Side of the Moon」を元にした二次創作です。
曲からイメージを膨らませたものではありますが、作者のnatsuP様の創り上げられたものとはやや異なる世界観となっておりますことを、予めおことわりさせていただきます。
(歌詞その他の掲載許可はいただいております。掲載許可ありがとうございました!)


Dark Side of the Moon

作詞・作曲 natsuP(SCL Project)


静かに聞こえる いつもと違う声
真っ白な空に 浮かぶ月の光

あぁすべてを 夜に溶かして

Tell me

時間だけが無情に過ぎて行く
何かを求めて
自由に飛びたいのに
踏み出す事さえ出来ずに
壊して 叫んで また傷付いても
黒い僕の羽


隙間に悲しみ 孤独は消えない
何もない部屋で 膝を抱えていた

あぁ思いが 貴方に届けば

Tell me

羽を広げて
あなたの待つ あの月の中心に
鳥のように 蝶のように飛べたらと何度も願い
壊して 叫んで また傷付いても
黒い僕の羽


思い出せば 途切れる記憶の破片を踏み潰し
流れる血を


時間だけが無情に過ぎて行く
何かを求めて
自由に飛びたいのに
踏み出す事さえ出来ずに
壊して 叫んで また傷付いても
黒い僕の羽





 地学部の仲間とだらだら喋り続けた後の帰り道、深谷錬(ふかやれん)は、前方の低い空に、大きく赤い月が出ているのに気づいた。
 低い空の月が赤く見えるのは、夕陽が赤く見えるのと同じで、高い空にあるよりも光が長く空気を通り抜けねばならないため、波長の長い赤っぽい光だけが人間の目に届くからだ。低い空ではなくても、黄砂など空気中の塵によって赤く見えることもあるらしい。
 月は、面白い。
 月が満ち欠けするのは、月が膨らんだり縮んだりするのではなく、月が太陽に照らされる部分が変わるからだと教えたとき、塚林美亜希(つかばやしみあき)は、くっきりと大きな目をさらに大きくして驚いた。
 その黒々として丸い瞳を、錬は何故か今でも昨日のことのように覚えている。小学校三年の、クラスのポスター作りで、背景の月やら星やらを二人で描いていたときのことだ。
 けれども、昨日のことのように覚えていても、昨日のことではなかった。月日は、時間は、確実に流れていた。

 つい先日、中学三年としての新学期が始まった日、転校生として担任が連れてきて紹介したのが美亜希だった。小学校五年生の終わり、東京に転校した美亜希が、また戻ってきたのだ。
 黒板の前に立つ美亜希は、黒く長い髪はそのままながら、すくっと背が伸びて、顔立ちも少し大人びていた。
 そして、美亜希のことを知っているクラスメイトが多いために、教室中がざわざわとしているなかでも、ずっと無表情でいた。
「相変わらず美人だねー」
 と、女子の一人がからかう口調で言うのにも、眉一つ動かさない。
 元々美亜希は、あまり口数の多い子ではなかったし、つるんでいる友達も限られていて、明るい子というわけではなかった。けれども暗い子でもなかった。
 しかし、三年ぶりに見る美亜希の大きな目は、驚くほどに暗かった。
「ねえ、芸能界デビューはどうなったの?」
 今度は男子が声をかけたが、担任の女教師がそれを遮るように、皆仲良くするようになどという話をして、美亜希の紹介の時間は終わった。
 美亜希がクラスメイトになってから、錬はまだ、美亜希と口をきいていない。それどころかクラスのほとんどが、美亜希とろくな会話をしていないのではないかと思う。
 仕方がないのかもしれなかった。
 どうせ皆が美亜希に投げかけているのは、露骨な興味をむきだしにした視線と質問ばかりなのである。

「錬っ、やっぱり錬だよねー?」
 背後から小走りの足音がして、追いついてきたのは安藤由花(あんどうゆうか)だった。
 由花は生まれたときから家が近所で、母親同士の仲が良い、いわゆる幼馴染である。
「お、安藤」
 由花は錬が、小学校に上がってしばらくしてから苗字で呼ぶようになったのを未だに時々嫌がるが、錬は呼び方を変えるつもりはない。LINEも断ってるし、メアドも教えていない。
 クラスメイトに夫婦だ何だとからかわれるのは厄介だし、ただでさえ幼馴染は変な目で見られやすいのだ。
「安藤、珍しく遅いな」
「うん、るーちゃんの家で来週のグループ発表の準備してたんだけど、長引いてさー」
「へえ」
「ね、ところでさ……聞いてる?」
「何?」
「塚林さんの噂聞いたんだけど」
「塚林?」
「ほら、芸能界デビューって言って東京に出たはいいけれど、やっぱり芸能界って厳しいんだね、ちっとも仕事が決まらなくって、なんか……オヤジたち相手にエゲつないことやらされてたみたい。……ホントなら可哀想だと思うけどさー、嫌って言わなかったんなら自業自得だろうし、……やっぱ病気とか貰っちゃってるのかも、とか。塚林さん、具合悪そうじゃん?」
「……お前、それ、塚林が自分で言ったの?」
「さあ……綾乃とかが言ってた」
「この前は、塚林、仕事は来るのにプライドが高すぎて、結局途中で全部駄目になったとか言ってたじゃん」
「それは、やっちゃんが言ってたの」
「だーかーらー、塚林が自分で言ってたの?」
「……言うわけないか。あの子、ろくに口きかないもんね。じゃ、塚林さんを芸能界デビューさせたお母さんじゃない? ああいう人、ステージママとか言うんだっけ?」
「母親なら尚更言うわけないじゃん」
「錬……塚林さんのこと、庇うね」
 由花が足を止めて不満げにこちらを見る。
「庇ってねーよ。ただ噂話がくだんなすぎ」
 錬が足を止めずに歩き続けると、由花はまた小走りになってついて来た。
「どうせ他の男子みたいに、女子は美人に嫉妬むきだし、とか言うんでしょ? 男子はちっとも分かってないよ。女子の方が美人のことちやほやしちゃうんだよ。鞠菜(まりな)とかなっちとか、超人気じゃん」
 由花がやたら早口でまくしたてる。由花は機嫌が悪くなると早口になるのだ。
「美人ってさ、何だかんだ言って、注目されるし、おいしい話来るし、得なんだよ。それなら美人のそばにいた方が、おいしい話のおこぼれもらえるし、何より美人と一緒にいるだけで、可愛い系のグループの子って見てもらえるじゃん? 普通は嫌って敵にしたりはしないんだよ。だからさ、美人で孤立してる子って……理由があるんだよ」
「つまりは塚林が悪いって話?」
「ムカツク。そうは言ってないよ。あの人は事情が事情だし。……東京の親戚の家に行ったら、何かテレビ局関係の人の目に留まって、それであのサプリのCM出たんだっけ? そうそう、で、お母さんがはりきって東京行き決めたとき、あのお母さん、鞠菜のお母さん相手にやらかしたっぽいんだよね。鞠菜言ってた」
「え? 何の話? 知らない」
 その話は錬にとっても初耳だった。思わず聞き返したのに、由花は心持ち満足そうにする。声を落として話を続ける。
「ぶっちゃけ塚林さんはさー、ダントツで可愛かったよ。今もだけど。けれど、鞠菜も同じくらい可愛い、それか鞠菜の方が見ようによっちゃ可愛いってことになってたんだよ。ほら、小学校っていろいろ面倒じゃん? 鞠菜のお母さん、ずっとPTAの役員だし、秋の豚汁・シチュー会のときのお肉とかお野菜とか、農家の人とかから格安で貰ってきてくれる人だし、お父さん、駅前のTANABEが一階に入ってるビルとかいろいろビル持ってる人なんでしょ?」
 由花の言う通り、小学校の人間関係というのは、なかなか子供達の間だけの関係というわけにはいかないところがある。狭い地域のことであるし、「あの子と遊ぶのやめたら?」なんかもよくある話だ。
 男子は中学年くらいには結構どうでもよくなることが多いが、女子はそれが延々と長引くのだとは、由花の話を聞いていても、クラスの女子を眺めていても、何となく分かる。
「あ、今の、塚林さんと鞠菜を比べた話は絶対内緒だよ」
 由花が慌てた様子になって言う。
「今だっていろいろ微妙なんだから。いい?」
「うん」
「でさ、東京に行くとき、塚林さんのお母さん、ここでの人間関係なんかもうどうでもいいって思ったんだろうね。鞠菜のお母さんに思いっきり自慢したらしいよ。それなのに、結局帰ってきちゃったんだ。しかも塚林さん、あの態度でしょ? 結局はお母さんと同じで、あたしらのこと見下してんじゃないかなあ? じゃなきゃ、ああしてすましていらんないでしょ? あたしだったらクラスに溶けこめるようもっと努力するもん。だからもう、何言われても仕方なくない?」
 錬が返事もせずにいると、由花が、
「ね?」
 とこちらを覗き込むようにしてくるのを、錬はしょうがなく、
「う……うん」
 と曖昧な返事をした。
 由花が今度ははっきりと満足げな表情を浮かべる。
「面倒だよねー。可哀想だけどさー」
「あ、俺、買ってくモンあるから、坂下のコンビニ寄ってくわ」
「え、じゃ、あたしもそうしよっ」
「ついて来んなよ。女って、そういうの好きだよな。俺、女子じゃねえし」
「ケチー」
 まだ話を続けたそうな由花には構わず道筋を変え、足を速める。
 買う物があるというのは口から出まかせで、ただ、一人になりたかったのだった。
 歩き続けて、右手に立ち並んでいた建物が途切れたところで、もう一度、空を見た。
 月はまだまだ赤く、そこにいた。


「この三日月の端っこって、どれくらい尖ってんだろう? 触ったら痛いくらいかなあ?」
 小学校三年生の、文化祭のポスター作りのときだった。三日月の色を塗りながら美亜希が呟いた言葉に、錬は思わず吹き出した。
「馬鹿だなあ、お前」
「え? 何で?」
「月はずっと、ボールみたいに丸い形のままなんだぜ?」
「え? でも、形、変わって……」
「待ってな」
 錬は教室の後ろのロッカーから野球の軟式ボールを持ってきて、蛍光灯の光にあてながら、いらないプリントの裏に図を描いて説明した。
「な、こうやって考えりゃあ、分かるだろ?」
「え? でも、よく、三日月に座ってる絵とか……」
「あれは空想」
「え? え?」
 しばらく「え?」を繰り返した美亜希だったが、少しの間、黙った後、顔を真っ赤にした。自分が間違っていたのを恥ずかしがっているのかと思いきや、美亜希の口から出てきた言葉は、
「……すごいっ、すごいっ」
 だった。
「深谷くん、どうして、こういうの知ってるの?」
「俺、宇宙とか好きなんだ」
「すごいっ。私もいろいろ知りたくなるっ。図書館の本とか読んでみればいいの?」
 くっきりと大きな目をさらに大きくして興奮している美亜希に、錬は、
「実はさ……」
 とクラスの誰にも言わず、一人で参加しようと思っていた、市の文化センターの子供向け理科教室のことを口にした。
「天文台の人とかも講師で来るみたいで、宇宙のこととかもいろいろやると思うんだ。再来月からでまだ申し込み受付してるから、興味あったら、お前も申し込んでみれば? 月に二回で、親に迎えに来てもらったりとかしなきゃなんないから、親に相談してさ」
「うんっ、お母さんに聞いてみる。友達増えるかもって言えば、お母さん、すぐにうんって言うと思うし」
 いたずらっ子のように美亜希は笑った。
 美亜希は一年前に親が離婚して、母親の実家で、母親と祖父母と暮らすためにこの町にやって来たのだった。
 翌日、美亜希は錬だけにこっそり、
「お母さん、参加していいってさ」
 と耳打ちしてきて、錬と美亜希は同じ理科教室のメンバーとなった。
 総勢二十名の小学生が参加する理科教室は、錬たちの小学校からは遠いためもあってか、他に同じ学校の子供はいなかった。そして何となく、理科教室にいるとき、錬と美亜希は二人でいることが多くなった。
 最初は、
「塚林」
 と呼んでいたのを、
「美亜希」
 と呼ぶようになったのは、他の子供達や講師が皆、美亜希を名前の方で呼んでいたためである。美亜希も錬のことを同じ理由から、
「錬くん」
 と呼ぶようになった。
 肝心の理科教室の活動内容はというと、予想していたよりも工作中心で、宇宙に関しても簡単な星座早見表作りに時間が割かれたりと、期待はずれなところが大きかった。
 けれども、
「こーゆーのやりたかったんじゃないんだよなー」
 とむくれて見せる錬に、美亜希はいつも、
「でもこれ、ちょっと考えると面白くない?」
 と錬が思いもしないことを面白がって見せた。また一方で、錬がいつのまにか工作に熱中している隣で、自分の工作がうまく出来ず、負けず嫌いを爆発させてカッカしたりもする。
 大騒ぎはしないものの、ちっちゃなことで驚いたり喜んだり怒ったりする美亜希がいたお蔭で、錬は「低レベルだ」と口を尖らせながらも、それなりに理科教室を楽しむことが出来たのだと思う。
 だが、それも小学校五年生のときまでだった。
 五年生の夏、夏休みの自由研究を何とかしたくて理科教室に入ってきた子が、クラスメイトの妹で、理科教室での錬と美亜希の様子が学校に知れ渡ってしまったのだ。
 どんどん可愛らしくなり、人目をひくようになっていた美亜希に対する男子たちの気持ち、女子たちの気持ちが騒ぎを大きくした。
 他のクラス、上級生や下級生にまで、
「デキてるんだもんねー」
 とからかわれ、
「赤ちゃんの予定はいつですかー?」
 とまで言われた。
 ひどく苛々して絡んでくる由花から、由花の母親、錬の母親と話は伝わり、錬は母親に、
「可愛い彼女がいるんだって?」
 と、からかわれているのか不機嫌でいるのか分からない表情で訊かれた。
 世界が急に居心地の悪いものとなり、錬は、
「うるせえ」
「知らねえ」
「あいつのことなんか知らねえ」
 を繰り返すのが精一杯だった。
「塚林さん狙いで行ってるの?」
 と訊かれ続けた理科教室に行くのもやめてしまった。美亜希が何かを話したそうにしているのは分かっていたが、徹底的に美亜希のことを避け続けた。
 そうして冬になり、有名演歌歌手が父親役を演じるサプリメントのCMに、美亜希が娘役として出演し、学校中が少しでも美亜希と親しくなろうとこれまでにない大騒ぎとなったことで、錬と美亜希の接点は完全に失われた形となった。
 CM出演以降、クラス内でも一層口数が少なくなった美亜希は次第に学校も休みがちになり、五年生の終わり、東京への転校が決まった。
「皆さん、仲良くしてくれてありがとうございます」
 転校の日、黒板の前であまりにも型通りな挨拶を淡々と述べる美亜希はひどく怒って見えた。怒った顔のまま、大きな目で、錬を見ていた。
 最後まで錬は美亜希と口をきかないままだった。

 自分はあのとき、何か大きな間違いをおかしたのだと、錬は今、思っている。
 けれども今になっても、あのときどうすれば良かったのかが分からない。
 分からないままであるが、美亜希は、この町に帰ってきた。


 何でも理科の教師が、教師仲間の企画した天体写真撮影会に参加してきたらしい。授業のとき、
「引き伸ばしたの作ってやったから、よーく見ろよー」
 と撮影した写真を嬉しそうに黒板に貼り出していった。
 火星の写真もあったし、星の写真もあったが、一番多いのは、三日月の月の写真だった。
 三日月の孤の外側と夜空の闇との境界はくっきりとしていたが、孤の内側、太陽の光の当たらない部分との境界は、ぼんやりとしている。
 光の当たらない部分も、ぱっと見ただけでは黒く塗り潰されているように見えるが、地球照と呼ばれる地球に反射した太陽光により、よく目を凝らせば見えないこともないのだと、錬は知識として知っている。夜空を見上げ、「あ、見えるっぽい」と思うこともある。
 なので写真の、月の暗い部分に目の焦点を合わせたりずらしたり、目を細めたりしてみたが、元々あまり鮮明でないうえ、教師によって引き伸ばされている写真では、結局分からないままだった。
 教師はずっと、撮影会であったことをあれこれ思いつくがままに、いかにも楽しげな口調で話し続けていたが、地学部で活動している錬にとって目新しい話は特になかった。すぐに聞き流しの体勢に入った錬は、ぼんやりと、小学校のとき、理科教室で初めて覗かせてもらった天体望遠鏡のことを思い出していた。
 どこから持ってきた物かは覚えていないが、たった一つしかない望遠鏡を、皆で大騒ぎしながら順番に覗いたのだった。あのとき皆で見たのは、満月だった。

 授業でいろいろと思い出してしまっていたこともあり、錬は放課後、部活をサボって、久しぶりに理科教室の行われていた市の文化センターに足を向けた。
 文化センターのすぐ隣には公園がある。初めて望遠鏡を覗かせてもらったのは、この公園でのことだった。
 途中で買った紙パックのバナナ牛乳をストローで飲みながら、錬は公園の入口へと歩く。
 公園の入口のすぐ手前には、記憶にもある近隣住民用のゴミ捨て場があって、そこにちょうど、二羽、三羽とカラスが舞い降りてくるところだった。
 カラスたちの狙いは、時間外に捨てられている小さなゴミ袋で、早速つついて中を開けようとしている。
 錬の家に最寄りのゴミ捨て場も、最近カラスが多い。(カラス、増えたのかな……)と、家の周りのことなどを思い浮かべていたため、公園に入った錬は、先に来ていた人影に気づくのが遅れた。
 気づくと、すぐ前の大きなプラタナスの木蔭に美亜希がいて、驚いたようにこちらを振り向いていた。
「あ……錬く……深谷くん……」
 美亜希が消え入りそうな声で呼び方を訂正するので、つい錬は、ぶっきらぼうな口調で、
「別に、名前の方のままでいーし」
 と言い返した。
「……深谷くん、何か用があってここに来たの?」
「つ、塚林こそ」
「あたしは……何となく。ほら、今日授業で天文写真がどうこうって話になってたから。ちょっと理科教室のこと思い出して」
「そうなんだ……」
 美亜希の口調は錬以上にぶっきらぼうで、錬は自分も同じことを考えたのだとすら言えずにいた。
「そう言えば、月って言えば……」
 美亜希は錬から目をそらして話を続ける。
「最近、月の石が隕石の衝突でいつ溶けたのか、レーザー顕微鏡で詳しく調べられるようになったんでしょ? アポロが持ち帰った石が、3回溶けたことがあるって分かったとか……。すごいよね」
「俺……それ知らなかった。地学部でがっつり天文やってるつもりだったのに」
「ネットで読んだだけだよ。あたし、友達とかもいないし、家でも大してやることないんで、結構ネット漬けなんだ」
 口許だけで美亜希は乾いた笑みを浮かべた。
「あ……」
 何か言わなければと錬は口を開いたが、何も出てこなかった。
「いろいろ訊きたい? いーよ。何でも答えたげる。うちね、かなり大変なんだー。お金なくって、ホラ、あたしCM1本出たからってお母さん芸能界デビューだってはりきっちゃって。お父さんに浮気されて離婚になっちゃったお母さんなりの、世のなかへのリベンジって言うの? だから相当ヤル気出してて、あたしもあっという間に連れてかれたんだけど、子役とかジュニア何ちゃらとかそういうのってさー、もっとちっちゃい頃から劇団とか養成教室とかでいっぱいレッスン積んでの子が山程いて、キラッキラしてる子も山程いて、あたし程度が太刀打ち出来るわけなくってさー」
 美亜希はまた、口許だけの乾いた笑みを浮かべる。
「なのにお母さん諦めきれなくって、あたしを教室に通わせることにして、入会金30万に月のレッスン料2万、綺麗なお洋服に美容院に、あと、あたしのマネージャー状態のお母さんとあたしが毎日暮らすための生活費。離婚のときにお父さんから一括で振り込まれたのとかも含めて、結構余裕があって将来の不安はないはずだった貯金が相当なくなっちゃったみたいで、あたし今でもお母さんに謎の文句を言われまくりだよ。あたしがやりたいって言うから、お母さん精一杯頑張ったのに、あたしのヤル気がなかったからだって。……まあ、少なくとも確かに、お母さんほどのヤル気はなかったなー。さすがに」
「び、貧乏なのか?」
「貧乏ってほどじゃないかも。おじいちゃんとおばあちゃんがしっかりしてくれてたお蔭で、ぎりぎり大学まで行けるんじゃないかな」
「そっか……」
「他に訊きたいことある?」
「訊きたいことって……。別に……」
「話、面白かった?」
「面白いとか……」
「じゃ、おしまい。それじゃあね」
 最後だけ妙にはきはきした物言いをして、美亜希は公園を出ていく。錬はバナナ牛乳を片手に黙ってそれを見送る。
 美亜希を見送る視界の端で、ゴミ捨て場でゴミをつつくカラスがぴょんぴょんと跳ねている。


 教室が揺れるようなすさまじい音が響いた。
「ご、ごめんっ」
 掃除の時間、椅子を上に乗せた状態で動かしていた机を、女子の一人が倒してしまったのだ。
 倒されているのは美亜希の机だった。
 机を倒した女子が、机を立てるときに妙な勢いをつけたため、今度は机に入っている教科書類が床に撒き散らされた状態となる。
「わっ、ご、ごめんっ」
 自分の机なので歩み寄った美亜希を遮るようにしながら、机を倒した女子はもたもたと散らばった物を片付ける。
 あまり片付ける意思のない手の動き。そしてそれを見つめる他の女子たち。
 案の定と言うべきか、クラス内では女子たちにより美亜希に対するイジメが始まっていた。そしてそれは、とても巧妙なイジメだった。
 一つ一つを取ればイジメには見えない。
 美亜希が本を読んでいると机にぶつかったり、美亜希の机の上にあった教科書を誰かが〈うっかり〉使ってしまい、授業終了後に謝り倒していたり、誰かのペットボトルを持つ手が〈うっかり〉美亜希に当たり、濡れた美亜希の制服を複数人で、
「大丈夫?」
 と言いながらごしごし拭ったり。
 とにかく〈うっかり〉の連続なのである。
「ごめんっ」
「塚林さんっ、大丈夫?」
「悪いと思ってるからー。怒んないでー」
 が一日中、毎日続き、合間合間に、
「いいよ」
「大丈夫」
「いいから」
 という小さくぶっきらぼうな声が挟まる。
 首謀者は、美亜希が東京に行く前に母親同士が一悶着あったという鞠菜だった。
 首謀者というには一歩引いた立場なのかもしれない。ただ小学校以来、変わらず絶対権力者である鞠菜は、美亜希に対する不快感を滲ませて、クラスの女子たちの陰湿な行動に肯定的に振る舞うのである。
 そして時折、皆の前で美亜希に声をかける。
「転校する前のこととか、気にしなくていいよ」
「皆、あの頃とは違うわけだし」
 美亜希を追い込み、身動きを取れなくさせようとするならば、これ以上ない手腕だった。
 肝心の美亜希、淡々とした姿勢を崩さない美亜希が何を考えているのかは分からない。
 ただクラスの男子の方は、大雑把に、二つのグループに分かれていた。
 一つは、いくら可愛くても自分と仲良くしてくれる気配など微塵もない美亜希より、その他の女子たちの受けを狙って、完全に女子たちを支持するグループだった。彼らは女子たちの、
「大丈夫?」
 に自分から加わったりする。
 そしてもう一つは、
「女って……怖えよな……」
 と言いながら、眺めているだけのグループである。このグループのなかには、世のなかの、徐々にイジメに厳しくなってきている風潮を受けて、
「これ、ヤバイんじゃね? 塚林飛び下りとかしたら……」
 などと不安を口にする者もいる。
 けれども女子たちの手口に隙はなく、何より女子たちのトップには、男子にも分かる絶対権力者、鞠菜がいる。
「もうすぐ受験とかに忙しくなるし……」
「塚林、高校は東京にすんじゃね?」
 そんな言葉がささやかれ、ほんのわずかな正義も結局かき消えていくのだった。
 では錬はと言うと、あまり周りと話さなくなり、一人、苛立ちや焦燥を溜め込んでいた。
 小学校のとき、美亜希から逃げて後悔した記憶が錬にはある。とにかくまずは美亜希に話しかけなければと思い、時には女子たちの動きに割って入ろうともした。
 しかし今度は美亜希の方が明らかに、錬を避け、拒絶する姿勢を見せた。転校していくときに錬を見ていたのとそっくりな、ひどく怒った目で、錬から露骨に目をそらしたり、眉間に軽く皺を寄せて睨みつけてきたりする。
 さすがにそこまでされると、錬も、どうしていいのか分からない。
 そうして美亜希とは話せないままで、代わりに話しかけてきたのは由花だった。

「ねえ、錬、塚林さんのこと、何とかしてあげたいとか思ってるんでしょ。分かるけど、露骨すぎだし……塚林さんウザがってんじゃん」
 部活が終わった後の帰り道、後ろから追いかけてきて錬の横に並んだ由花は、前置きなく一方的に話を切り出してきた。
 いつもより遅く出たのに、西の空はまだ街並みの向こうに沈んだ西陽の色を鮮やかに残している。(陽が長くなったな……)と、由花と話したくない気分の錬は、ぼんやりと思う。
「ねえ、聞いてる?」
「……聞いてるも何も、お前関係ねーし、何言ってんの?」
「ひどいよっ」
 由花が金切り声を上げる。
「あたしだって、あれがいいことだとは思ってないよ。でも、自業自得の塚林さんを変に庇ってさ、今度はあたしがターゲットになればいいわけ? 塚林さんも皆も、錬も最低っ」
「だから、何言いたいわけ?」
「何って……」
 きゅっと目を吊り上げて、由花がこちらを睨みつける。
「……男子って、ああいう子に弱いよね。可愛くて、影があって、辛いことに耐えてますって感じの子。でもさ、そーゆー雰囲気と、塚林さんがちゃんと中身も含めていい子かどうかって、別の話じゃん。ぱっと見で『いいなー可愛いなー』って思えるかどうかの芸能界とは違うんだからさ」
「……お前が……ウザい。マジで……」
「最低っ」
 また金切り声を上げ、由花は駆け出していく。
 その後ろ姿を見送りながら、錬は舌打ちをしたくなる。
 由花が、自分のことを好きだと思ってるんだろうなとは、何となく分かる。ただそれはどちらかと言えば、幼馴染ゆえの独占欲のような気もする。
 どんどん小さくなっていく後ろ姿に対し、嫌いだという感情はない。けれどもひどく煩わしく思う気持ちはある。
 また舌打ちしたくなったとき、行く手にカラスが一羽舞い下りてきた。道に落ちている小さな白いゴミを食べられる物だと思ったらしく、確かめるようにつついて、放り投げる。
 目をそらしながら、文化センターでゴミを漁るカラスを見たことを思い出す。美亜希と話したことも思い出す。
 西陽の輝きを残していた西の空は、少しずつ少しずつ、薄青、そして灰色を濃くしていく。


 その夜、眠れなかった錬は、家を抜け出して外をほっつき歩いた。
 途中で思いついて向かったのは、昔よく遊びに行っていた小さな公園だった。
 静まり返る真夜中の住宅地の真んなか、白く冷たい外灯に照らされる公園は、周囲よりも一層、重苦しいほどに静まり返っていた。
 錆びたブランコに腰を下ろした錬は、キイ、キイ、と、控えめに静けさにひびを入れる。
 見渡す公園のなかにあるすべり台、シーソー、多分ライオンであるらしい生き物が大口を開けている乗り物、すべてが記憶よりも小さく見えた。
 空には月がかかっていた。新月に向かって痩せ細っていく月だった。
 月は細くなるのではなく、ただ暗い部分が広がって見えなくなるのだとは分かっている。
 けれども痩せ細っていくように見える月だった。
 この公園は、錬の家と美亜希の家の間にあり、二人で約束して、理科教室で使う木や草の葉っぱの採集に来たこともある。
 今、重苦しい静けさに沈む公園で、かつて美亜希は嬉しそうに歓声を上げていたのだった。
(あいつ、文化センターのとこでも、月の話してたな……。俺、何やってんだろ……)
 空を見上げながら、錬はブランコを揺らし、静けさに対し、控えめにひびを入れ続けた。


 延々と嫌がらせが繰り返される毎日のなか、美亜希は相変わらず学校を休むこともなければ、悔しそうな表情、悲しそうな表情一つ見せることすらないままでいる。
 嫌がらせをする方もそれなりに労力は費やしているのであり、クラスの女子たちの間に、徐々にではあるが苛立ちの雰囲気が漂うようになってきた。
「あいつ、あたしらのことマジで馬鹿にしてるよね」
「何様だよ」
 という種類の会話が小声でなされ、美亜希とすれ違いざまに、露骨に舌打ちする者まで出てきた。
 そんななか、事件は起こった。

 梅雨に入ったとかで、じめじめとした天気が続いていた。
 3限の体育の授業の後、それぞれの更衣室で着替えた男子たち女子たちが、ダラダラとした足取りで教室に戻ってきたときだった。
 一番先に教室に入った女子グループのうちの一人が、
「きゃあっ」
 と悲鳴を上げた。一緒にいた他の女子たちも、
「きゃっ」
「やだっ」
 と悲鳴を重ねる。
 後ろにいた生徒たちが次々と教室を覗き込む。
「えっ? ……何?」
「ねえ……絵の具、だよね?」
 周りに押されるようにして教室を覗き込んだ練も、思わず、
「うわっ」
 という声を漏らした。
 目に飛び込んできたのは、毒々しいほどの赤い色だった。
 美亜希の机にべたべたと塗りたくられている。
 机を遠巻きに眺めるように動き出した生徒たちに流されて教室に入り、自分より背の高い男子の肩越しに見ると、机のみならず、カバンや、机から引き出されたであろうノートまでも、イスの上で赤く塗りたくられている。
 絵の具らしいにおいがそこいらに漂っていて、蛍光灯にてらてらと光る絵の具は半乾きのようだった。
 チューブから絞り出す形で塗りたくり、その後で一部を撫で広げたように見える。
「……ちょっと……」
「これ……」
「気持ち悪い……」
「ひどい……」
 無意味な呟きで教室中がざわざわとするなか、
「あ、塚林さん」
 という声に皆が振り向く。ちょうど美亜希が教室に入ってくるところだった。
 一瞬で場が静まり返る。人だかりが割れる。
 美亜希は机を見て、目を大きく見開く「あっ」という顔をした後、机まであと二、三歩というところまで行って立ち止まった。
 誰も何も言わない。
 そのすぐ後、笑い声がして教室に入ってきたのは鞠菜と連れの女子4人だった。
 教室の入り口まで来て、さすがに異様な雰囲気に気づいたらしい。
「何? どしたの?」
 怪訝そうな顔で、割れた人だかりの中心を覗き見た鞠菜は、
「きゃあっ」
 と高い悲鳴を上げて両手で口を押さえた。口を押さえたまま、
「……塚林さんの机? ひどい」
 と続けた。
 その瞬間、教室内の空気が明らかに変わった。
 今まで自分たちがしてきたこと、あるいは何もしないできたことを棚に上げて、鞠菜に対し、批難がましい視線を向ける方に空気が変わったのだった。
 鞠菜が直接手をくだしたことはなくても、一連のイジメはすべて鞠菜の意思により行われたのだという空気のなか、「ここまでやるのはマズいよ」「どうなっても知らないよ」という声が聞こえてくるかのようだった。
 錬にも感じ取れるくらいなのだから、鞠菜本人も当然ながらその空気には気づいたらしい。慌ただしくクラスの皆の顔を見渡した後、顔を真っ赤にした。
「だ、誰なのっ? こんなことしたのっ」
 先程とは意味合いのまったく違う悲鳴のような声を鞠菜が上げるのと同時に、美亜希は掃除用具の仕舞ってあるロッカーに向かい、バケツにかけられた状態でぱりぱりに乾いている雑巾を2枚手に取り教室を出て行った。錬も考えるより先に、ロッカーの雑巾を手に美亜希に続いていた。
 美亜希と錬が雑巾を濡らして絞って戻ってきた直後、担任が教室に入ってきた。
「えっ、どうしたの、これっ」
 半ば裏返った声を上げた女教師は、ちらと見ると、化粧をしていても分かるほどに顔色を悪くしていた。
 美亜希がやられていることを薄々察しながらも放置してきたのが、ついに目に見えるトラブルとして露呈してしまったのだと理解したのだろう。
「だ、誰がやったの? 今やったの? 正直に名乗り出なさい。何か知ってる人がいるなら、言ってちょうだい……」
 震える声で問いかけるが、答える者などいるわけがない。
 教室内で静止していないのは、雑巾でとりあえずカバンや机を拭っている美亜希と錬だけという異様な光景のなか、担任がようやく思い至ったという感じで、
「他にも、誰か手伝ってあげて」
 と、ほぼ棒読みの口調で言う。
 拭くというより、毒々しく盛られ塗りたくられた赤い色を雑巾で包んで取るという方が近い作業を、錬が黙々と続けていると、視界の端で、由花ともう一人の女子が掃除用具のロッカーへ小走りに向かうのが見えた。


 美亜希の机が被害に遭ったとき、体育の授業では創作ダンスが行われてた。40人のクラスを男女混合で4つに分けて、グループごとに振りつけから自分たちで考えて出来を競い合うというものだ。
 まだ振りつけを考え始めた段階で、まずは創作の基本となるイメージをという体育教師の指示のもと、一時的に校庭に出たグループもあれば、図書室に本を探しに行った者もいた。
 そもそも、1グループ10人のうち、中心となって考えているのはせいぜいこの授業にやる気のある2、3人で、どこも他の7、8人は、ボーッとして指示を待っていたり関係のないことを喋り続けていたりという有り様だったのである。
 よって犯人探しは難しく、一応持ち物検査は行われたが、疑わしい物は何も出てこなかった。
 他のクラスの人間の仕業ということも考えられ、結局事件は、
「誰か何か聞いたりしたら、先生に報告するように」
 という形で幕引きとならざるをえなかった。
 しかし、幕引きとなったのはあくまで、誰が美亜希の机やカバンに絵の具を塗りたくったのかという件についてである。
 その日の授業が終わり、掃除の時間が始まったとき、さりげなく美亜希に近づいた担任が、
「掃除が終わったら職員室に来てちょうだい。ちょっとお話ししましょう」
 と、どこか気まずい表情で告げているのを錬は聞いた。
 美亜希はいつもと変わらぬ様子で、
「はい」
 と応え、ほうきを動かしていた。


「錬、錬ってばっ」
 思うところがあり、部室には寄らずに学校を出た錬を追いかけてきたのは由花だった。
 掃除が始まる頃には雨がぱらついていた空は、今、雲がどんどん流れ去っていっている。西に傾いている陽が、やや黄色い、まっすぐな陽射しをこちらに乱暴に射してきていて、ひどく眩しい。
「ねえっ、錬ってば」
 今日は由花と話したくなくて、出来れば知らぬふりで逃げ切りたかったのだが、由花は息を切らして追いついてきた。
「……あのさ」
 息を切らしたまま、小声で由花は話し始める。
「今日、塚林さん……大変な目に遭ったけど……こういったらアレだけど、良かったね。これで皆、塚林さんに変な絡み方するのをやめるよ」
「……そうかもね」
 錬は感情を伴わない形ばかりの返答をする。
「良かったね、錬。錬、塚林さんのこと、ずっと心配してたでしょう? これで塚林さん、もう大丈夫だよ。ね?」
 今度は何も、錬は答えなかった。
「……もういいでしょう? 塚林さんのことは、さ。……ねえ、昔、仲良かった子って、そんな気になるもの? ……ねえっ」
 由花が錬の行く手に回り込んで錬を立ち止まらせる。錬を見上げる両目からは、ぼろぼろと涙がこぼれ落ちている。
「塚林さんのこと悪く言ったのは謝るよ。でも、あたし悔しかったんだもん。あたし……錬のこと大好きなんだよ? あたし……」
 しゃくり上げながら由花は続ける。
「あたし、誰よりも長く長く、錬のこと見てるもん。誰よりも長く見てて、錬のこと大好きなんだもん。いつもまっすぐで、悪いことは悪いって言えるとことか。ちゃんと見てて、好きなんだもん。だからお願い、ね、あたしのこと、彼女にしてよう」
 由花が錬の制服の胸のところを掴んでくる。だが錬は、何も答えられなかった。
 ただ、答えの内容は決まっていた。そしてそれは由花も察したようだった。
「……何で駄目なのよ」
 制服を掴んでいた手を離し、由花は俯く。
「……錬……女の趣味……最低……」
 絞り出すように言って錬に背を向けた由花は、心持ち道を踏み鳴らすような歩き方で、早足で先を歩いていった。

 由花とはほとんど通学路が重なる錬だが、今日は別の場所を目指して歩いていたので、予定とは違う道筋になるが、少し戻って角を折れた。
 初めてというわけではないが、ほとんど通らない道を歩きながら、錬は胸のあたりにもやもやしたものを抱えていた。ちょうど由花が掴んでいたあたりに、くすぶる「それ」はあった。
(意味分かんね……。何だろうな……)
 由花が自分のことを好きなのだろうとは薄々分かっていた。ただ、もしそれを言葉にされたら面倒だとは思っていて、出来るならば由花が別の男に目を向けてくれればいいと思っていた。
 けれども今、錬の胸にあるのは、面倒という気持ちだけではなかった。別の何かがある。
 ふと見ると、道の横に続くブロック塀の上に、カラスが一羽止まっていた。軽く羽を羽ばたかせ、体を揺らしている。
(エサ探してんのかな……?)
 反射的に、周囲にゴミ捨て場の類がないか視線を走らせたが、そういった物はないようだった。
 もう一度カラスの方を見ると、カラスと目が合った。
 足を止め、しばし見つめ合う。
 バッ、と風を切る音を立てて、カラスが飛び立った。
(あ……)
 黄色みを帯びた強い陽射しに照らされた後、続けて目が眩む陽を背景とした、大きな黒い羽。それがとても力強く美しいものとして、錬の目に映った。
 カラスは鳥で、飛ぶのだとは分かりきっている。
 けれども何となく今まで、カラスといえば、ゴミのあるところなどに舞い降りてくる、あまり良くないイメージばかりだったのだ。
 力強く、美しく飛び立つイメージはないままだった。
 イメージが一転したその瞬間、錬の胸に、風が吹き抜けた。風が吹き抜けたことで、錬の胸のなかでもやもやとしていたものが、はっきりとその形をあらわした。
(そっか、俺……嬉しかったんだ……)
 由花の気持ちには応えられない。それはずっと分かっていた。
 けれども由花が、由花の思う錬の長所を言葉にして、「誰よりも長く長く」「ちゃんと見てて、好きだもん」と言ってくれたことは、素直に嬉しかったのだ。
(俺……嬉しかったんだ……。それで……俺……やっぱりあいつの言う通り、最低の男なのかもしれない……)
 顔を上げた錬は、足早に歩き出した。


 昔、美亜希と理科教室で使う葉っぱの採集に来た公園、少し前に、夜中に一人でほっつき歩いた挙句にやって来た公園に、錬はいた。
 この公園の前を通るのが、美亜希の通学路であるはずだった。
 錬が公園についたときにはまだ、子供たちが結構遊んでいたので、錬は一人、背もたれに書かれた乳製品の商品名も色褪せている、水色のベンチに腰かけた。そして、あまり不審に思われないようにスマホを取り出して、暇つぶしにいじっているようなぼんやりとしているような姿勢で、美亜希が通るのを待ち続けた。
 陽は傾いてゆき、待てども待てども美亜希は通らず、子供たちもいつのまにかいなくなった。
 持て余す時間のなか、何度か、自分に嬉しいという感情を湧き上がらせてくれた由花のことを思い出した。
(やっぱり俺、最低なんだろうな……)
 そうして辺りはどんどん暗くなり、寄ってきた蚊を追い払ったりしているうちに、もうそろそろ通りの人の判別が難しくなってくるという暗さにまでなった。
 ひょっとしたら何か理由があって、この道は通らないんじゃないかと思い始めたとき、ようやく待ち続けた美亜希が、小走りに近い歩き方で公園の前を通りかかった。
「おいっ、塚林っ」
 思いがけず大きな声で呼びかけてしまい、美亜希が体をビクッとさせる。足を止め、身構えるようにこちらを見ている。
「驚かして、ごめん。でも、話があったんだ」
 ベンチから立ち上がり、錬が美亜希の方へ歩き始めると、持っていた革のカバンを抱きかかえるようにして美亜希もこちらに歩いてきた。
 カバンを胸のあたりに抱えたまま、肩を縮め、顎を引き、美亜希は錬をじっと見上げている。
「あのさ……先生に呼び出されて話……いや、それはいいんだ」
 もごもごと言った後、錬は息を吸った。
「俺……」
 最初は、自分はどうしてもどうしても、美亜希の味方でいたいのだと、そう伝えるためにここに来ることにしたのだった。
 けれども、本当に伝えるべき別のことがあると教えてくれたのは、由花であり、飛び立ったカラスだった。
「あのさ、俺、お前のこと、ずっと好きだから」
「……は?」
 美亜希が表情を険しくする。
「何で今? 意味ワカンナイ」
 と呟く。
「お前のこと、ずっと好きなの。小学校のとき、一緒に理科教室に通ってたときから。あんな風になって、お前が転校して、馬鹿みたいに後悔しまくったの」
「……昔の話でしょ。あたし、昔とは違うし」
「同じとは言わないけれど……すごく違うわけでもないじゃん。それで俺、ずっとお前といろんな話したくて……お前が困ってるの、やっぱりめちゃくちゃに嫌なんだ」
 うまく言えたかは分からないが、懸命に言葉にしたつもりだった。
 少しばかりの間をおいて、美亜希が一歩、二歩と後ずさった。
「塚……」
「来ないでっ。みんなみんな、ウンザリなんだからっ」
 錬には当たらないように、けれども錬が近づかないように、美亜希はカバンを振りまわす。振りまわしているうちにカバンのふたが開いてしまい、中身が周囲に散らばった。
「あっ……やだっ……」
 足許に落ちた物を拾おうと腰を屈めかけ、しかし諦めたように姿勢を戻し、美亜希はカバンを取り落とした。
 美亜希の靴の爪先のすぐ前に落ちているのは、透明のビニール袋に入れられた、幾つもの絵の具のチューブだった。2つほど、袋から飛び出して地面の上に落ちている。
 どこかに手早く隠していたのを、回収して持って帰ってきたのだろう。
 美亜希がおずおずとこちらを見る。
 多分、こういうことなんじゃないかとは思っていたので、錬は特に表情も変えず、黙って美亜希を見返した。
 美亜希のしたことは、何も間違っていないと思う。美亜希は自分で自分を守った。それだけだ。
 そもそも美亜希は、大人しくはあったが、何があっても無表情で淡々と毎日を過ごせる子なんかではなかった。理科教室でも、ちっちゃなことで驚いたり喜んだり怒ったりを繰り返していた。
 美亜希が淡々としていて、感情の動きが見えないでいるのは、月の暗い部分と同じで、本当はちゃんとあるものが今は見えなくなっているだけなのだ。
 だから悔しかったり腹が立ったりをたくさん積み重ねた美亜希は、ちゃんと自分を守ったのだ。
 そんな美亜希になら、突き放されて傷ついてもいいと思う。
 錬は絵の具のチューブを踏まないようにしながら前に進み出る。
「俺はずっと美亜希が好きでした。俺の彼女に、なってください」
 美亜希の表情は、動かない。
「……脅迫?」
 美亜希が小さな声で訊いてくる。
「……脅迫していいって言うなら、するけど、駄目なら、ただお願いする」
「そう……」
 やっぱり美亜希の表情は動かない。
 けれども、ためらいながら抱き締めてみると、美亜希は逆らわなかった。
 まだ美亜希の気持ちが分からなくて怖いはずではあるのに、錬は妙に静かな気持ちでいた。同時に、眩暈がしそうにもなっていた。そして眩暈がしそうではあるものの、確かな決意が胸の内に広がっていくのを感じてもいた。
 もし、美亜希がそばにいさせてくれるのなら、ちっちゃなことで驚いたり喜んだり怒ったりしていた美亜希を、これからゆっくり探しに行くんだと思った。
 夕方に見たカラスのような、鮮やかな羽ばたきで進めるかどうかは分からない。
 それでも、暗くて見えないでいるところを、美亜希と二人で探しに行きたいと思った。

 今日は、空には月は見えない。
 でも腕のなかには、体を硬くしている美亜希がいる。
 ずっとそうしていると、腕のなかの硬さがかすかに震え始めて、錬の体に少しだけ、寄りかかってくる重みが加わった。


                       了


-- 本サイトからの画像・文章の無断複写及び転載を禁じます --
© 篠原景