篠原景

title
title

加熱調理完了

 付き合って一ヶ月になる彼女が、夕飯をご馳走してくれると言うので、彼女の一人暮らしのアパートに行った。
 アパートに行くのも泊まるのも初めてではない。けれども二人とも仕事が忙しく夜も遅くなりがちなので、「うちで御飯を」と言われたのは初めてだった。
「いらっしゃーい」
 いつものように彼女のワンルームの部屋に通され、コートとマフラーをハンガーにかけながら、あれ、と思った。流しやガスレンジが、何と言うか、静まり返っているままなのだ。
 冷蔵庫に何か作り置いているのかなと思いながら座ると、
「今日はね、男の人向けメニューにしたよ」
 と言いながら彼女が開けたのは冷凍庫だった。
「じゃーん、チャーハン、それから唐あげ」
 包装紙の音をパリパリガサガサさせながら取り出した物を、彼女がこちらに突き出して見せる。
「好き?」
「うん……好き」
 皿にチャーハンの中身を出し、まずは一人分の加熱。ピーピルリルピーという加熱調理完了の音。
 その後、ピーピルリルピーの音がプラス2回聞こえてきて、テーブルの上には二人分のチャーハンと、鶏の唐あげ6つが並んだ。
「そして、忘れちゃいけない、これっ。好きな方どーぞー」
 カンッガンッ、と置かれたのは、贈答品としてよくCMが流れているビール2種の缶だった。
 いつもの彼女の冷蔵庫のラインナップはかなり低価格志向だった覚えがあるので、置かれたビールに、一応は自分が歓待されていることを感じる。
 スプーンを渡され、しばらくの間、黙々とチャーハンを口に運ぶ。
 一口ごとに、いろんなことが頭に浮かぶ。
 俺は男だけど最低限の料理くらいするぞ、付き合ってるヤツにいきなりレンチン飯でいいのか? とか、いや、こいつは料理が絶望的でこれはいろいろ行き詰まった結論なのかもしれないとか。
「チャーハンは、たけのこ入りがうまいよね」
と言われ、
「うん」
と頷く。
 具材とか味とかどういこう以前に、「ご馳走してあげる」って言ったんだから言い訳っぽい何かないの? とか、いやいやこのチャーハンやっぱりうまいよね、さすがナショナルブランドだよね、とか、あれ、俺もしかして試されてる? とか、とにかく次から次へと口に出せない独り言が頭に浮かんでくる。
 唐あげをスプーンですくって食べる。唐あげも、勿論のことうまかった。
 一人でも何回かは食べたことのあるチャーハンと唐あげは、それはもうよく知っている安定の味である。そのことに間違いはない。
 けれどもおかしなことに、一口ごとにいろんなことを考えながら食べるために、一口ごとにちょっとずつ味が違って感じられた。
 そうして皿の物をたいらげ、ビールも飲み切ったときには、アルコールのおかげもあるのか、妙にいい気分になっていた。こんな味の変わるチャーハンも唐あげも、もちろんビールも、初めてだと思った。
 洗い物にかかっている彼女の後ろ姿を眺めていたら、「なー、俺、今日はお前の手料理食えると思ったんだぜー?」とか、いい気分のまま口走ってしまいそうになる。けれどもうっかり口走れば、つまらない言い争いになったりもっとまずいことになりそうな気もした。そうなると、せっかくの今のいい気分がもったいないという気持ちになった。
 彼女が洗い物を終えそうになるのを待って、さりげなく携帯を手に、
「ごめん、会社から急ぎの呼び出し。俺、社に戻るわ」
と告げる。
「今から?」
 目を見開いて振り向いた彼女の顔に、すうっと怪訝そうな表情が浮かぶ。どこかでこちらを窺うようにしている。
「ほんっと、ごめんっ」
 片手で拝んでからいかにも慌てた感じで立ち上がって、コートとマフラーを取ると、手を拭いてこちらに来た彼女は、明らかにがっかりした顔になっていた。だがまだどこかに、こちらを窺うような雰囲気も残っている。
 玄関口で、
「飲んでるし、気をつけて」
と送り出されたとき、光の当たり具合なのかは分からないが、彼女が妙に艶かしく見えた。帰るなんて言った自分を心底後悔したが、
「じゃ、ごめんね。本当にごめん」
と言って、彼女に背を向けた。


 帰り道は、ものすごく寒かった。
 今夜は短い時間に、めちゃくちゃいろんなことが詰まっていたなと思う。
 くるくる味が変わるチャーハンの味、唐あげの味、ビールの味。
 彼女の背中を眺めていたときの、ほろ酔いのいい気分。
 会社に戻ると言ってからの、彼女の驚いた顔。怪訝そうな、こちらを窺うような顔。
 玄関口での彼女が妙に艶かしく見えて、心底した後悔。
 いい恋愛も悪い恋愛も、正直よく分からない。彼女とのこれからのことなども思い浮かばない。
 けれども今は、退屈とは程遠い。
 頭のなかで、ピーピルリルピーという音がして、澄んだ寒空に、思いきり拳を突き上げた。
 ピーピルリルピーと、でたらめな歌を歌いながら、最寄り駅へと足を速めた。




-- 本サイトからの画像・文章の無断複写及び転載を禁じます --
© 篠原景