篠原景

title
title

2015年1月 スターバックス秋葉原駅前店

 あけましておめでとう、の声が聞こえる。
 トレーを手に入り口近くの外が見渡せる席に座る。
 トレーにはホイップ付きのシナモンスコーンとホットのトールラテ。
 曇天の下を行き交うたくさんの防寒着を眺めながら、フォークを手に取る。
 スタバのシナモンスコーンが好きだ。シナモンのチップが、口のなかでほろっといくときが堪らなく好きだ。最近ずっと出ていなかったのだが、今、一応期間限定ではあるが復活したとのことで、嬉しくて仕方ない。
 スタバに限らず、スコーンの類は喉につかえる、飲み物がないと飲み込めないという人もいるけれど、私は平気な方だ。特に、スコーンをホイップ付きにするおいしさに目覚めてからは、黙々とスコーンに集中して食べ終わってからドリンクに、という順番になってしまうことが多い。
 喉につかえると言えば、で、ふと思い出したことがあった。
 五年前まで付き合っていたTといろいろややこしくなっていたときには、好きだの嫌いだのどころか、来週の予定まで喉につかえていた。口から出すのも飲み込むのも、びっくりするくらい駄目だった。
 どうせ駄目なんだから、つかえさせることはなかったのだと思うのは、結果から見た話だと分かっている。それでもやはり、思い出すだけで馬鹿馬鹿しい気持ちになることだらけだった。
 もうアドレスから消去してしまった友人Fと話していても、喉につかえることが多かった。
 元々はとても仲が良かったのだ。けれども、Fの私生活が「自称」トラブル続きとなり、どれも「自称」としか思えなかった私には、Fを前に何度も喉をつかえさせた。
 にも関わらず、ずっと話を聞き続けていたのだから馬鹿馬鹿しい。
 救いはどちらも、すっかり過去の出来事になっていることだろう。
 ありきたりな話だった。
 Tはグレーのダッフルコートをずっと着ていて、Fは赤い、少しサイズの合っていないトレンチコートをよく着ていた。
 そんなことも、きっともうすぐ忘れていく。
 シナモンスコーンをフォークで一口分ずつ口に運ぶ。崩れて皿に散っていく分も、フォークで集めてホイップと合わせて、すくって口に運ぶ。
 その作業に没頭しているうちに、急に脳裏に浮かんできた光景があった。
 どこのスタバだったかは思い出せない。だがレジの前に並びながら、Tが、スタバのシナモンスコーンが好きなのだと言っていた。シナモンスコーンを私に勧めてくれたのは、Tだった。
 喉につかえる云々ではなく、その記憶があって、今Tのことを思い出したのかもしれなかった。
 本当に、急に、Tが降ってきた感じだった。
 自分のを分けてくれたTが、
「うまいだろ?」
と訊いてきて、あのときの私は、
「うん」
と答えた。
 今の私も心のなかで、
「うん」
と答える。
 ただそれだけのことだった。けれども何となく、いつかどこかで、仲が良かった頃のFが突然降ってきて、そのFと楽しく会話するようなことがあるかもしれない、などということを思った。
 スコーンはまだ三分の一ほど残っていたけれど、マグカップのラテを喉に流し込んだ。
 外は相変わらず、たくさんの防寒着が行き交っている。





-- 本サイトからの画像・文章の無断複写及び転載を禁じます --
© 篠原景